フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夏歌 | トップページ | 「アジアンタムブルー」 »

「テレキネシス山手テレビキネマ室  1巻」

4091875912テレキネシス山手テレビキネマ室 1 (1)
東周斎 雅楽 芳崎 せいむ
小学館 2005-05-30

by G-Tools

「金魚屋古書店」の芳崎せいむさんの映画を題材としたマンガです。
映画のテーマと現代社会を生きる人々の姿をマッチさせたドラマは、面白くはあるのですが、蘊蓄がややうるさく感じられる部分は、ありました。
僕などは、映画は好きですが、古典的な映画に関する知識があるわけではないですから…。

「金魚屋古書店」でも、古いマンガの話は出てくるわけですが、マンガの場合にはそれなりに知識があるということもあるでしょうし、マンガの内容云々よりも、登場人物のマンガに対する思い入れのような部分に重きが置かれ、マンガの内容に関する蘊蓄はあまり多くなったのではないかな、と思うのです。

« 夏歌 | トップページ | 「アジアンタムブルー」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/4767597

この記事へのトラックバック一覧です: 「テレキネシス山手テレビキネマ室  1巻」:

» ビックコミックスピリッツ 2005.33号 [お暇なら読んでね・・・・・・カンマニのなんでも載ってる読書日記]
発行元:小学館 巻頭グラビアは井上和香。最近、スピリッツのグラビアが面白くていいですね。 でもって、中身のお話。 トップは『ラストイニング』 言わずもがなの面白さです。 野球漫画の金字塔になるでしょう。 でもって、『ホムンクルス』 前回 、面白くな... [続きを読む]

« 夏歌 | トップページ | 「アジアンタムブルー」 »