フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ふぉとらんど更新 | トップページ | おいしいコーヒーのいれ方7「坂の途中」 »

雨の鎌倉

また、長谷寺へ行ってきました。GWに初めて行って、6月に2回で計3回。なかなかのペースです。
長谷寺だけというのも芸がないので、少しずつ別の所をまぜています。そのうち、北鎌倉も行動範囲に入れようと計画しています。そちらの方が、家から行きやすいですし。

予報では曇りのはずだったのですが、雨が、しかもかなり強く降っていました。出かけるかどうか躊躇したのですが、この間、晴れていると明るい所と暗い所の差が大きくて、写真にはよくない、ということを実感したので、逆に雨はチャンスだと考えて、出かけることにしました。

カメラを構える時には傘は持てないので、それなりの装備が必要です。実は、あらかじめヨドバシでエツミのレインカバーを、ビクトリアでモンベルのレインスーツを買っておいたので、雨も想定の中には入っていたわけです。

雨が降っているから人が少なくてよいかも、という予想は見事に裏切られ、逆に今まで2回よりも人が多いくらいでした。さすが、あじさいシーズン。YokohamaWalkerでもあじさい特集組んでたくらいですから。どうも、観光バスで団体でやってくる人が多いようです。
眺望散策路は渋滞してて、なかなか前へ進まないくらいでした。その中で、人を避けながら写真を撮ってました。結構降りは強かったのですが、モンベルのレインスーツの威力は絶大で、境内ではほとんど傘をささなかったにもかかわらず、雨はあまり気になりませんでした。カメラのレインカバーの方は、ピントリングにかかったり、ファインダーが曇ったりと、やや操作性が犠牲になってしまいましたが。いちばん苦労したのはレンズ交換で、さすがに雨の降る中ではできません。それで、最初は24-105mmをつけて撮影し、もっと寄りたい被写体をチェックしておき、屋根のある所で15-30mmにレンズ交換をして、眺望散策路をもう一周しました。
苦労した甲斐あって、結構満足のいく写真も撮れました。そのうちwebにアップしますので、見てやってください。

今回、雨の中でレインカバーつけて撮影していたのが目立ったのか、記念撮影のシャッター押しを3回も頼まれました。もともと、旅行先なんかでも、シャッター押しを頼まれる回数が多い方なんです。その内の1組は、デジカメで自分撮りしてて写すのに苦労してそうなカップルで、それはこちらから声をかけたのです。あと2組は、カップルとおばさん2人組でした。で、使ってたカメラが、デジカメと使い捨てカメラとコンパクトフィルムカメラと、三者三様だったのも面白かったです。
また、アジサイと同時期に咲いているキンシバイを見て、おばさんたちが「何て花かしら」と騒いでいたので名前を教えてあげたのですが、なぜか「ヤブデマリ」という名前が脳裏に浮かんで、嘘を教えてしまいました。5分くらいして気づいたのですが、手遅れでした。おばさん、ごめんなさい。

さて、長谷寺で思ったより時間を使ってしまい、4時を過ぎていたのですが、せっかくだからということで、極楽寺方面に向かって歩き、成就院に行きました。ここも参道にアジサイが多いので有名な所です。
ただ、ここは寺院の境内ではなく、参道にアジサイが植えられているだけなので、それほど撮影場所にバリエーションがあるわけではありません。参道から見下ろす海が長谷寺よりも大きく見えるので、ここは海の青さが目立つ晴れの日の方が撮影に向いてそうです。
成就院からさらに歩いて極楽寺駅へ。ここで、雨で濡れたカバンや機材をタオルで拭いて、電車に乗れるくらいの身支度をしました。といっても、体の方はほとんど濡れてなかったのですが。

雨に濡れた機材は、乾いたタオルで再度拭き、レンズはクリーナーで清掃し、乾燥剤入りのプラスチックケースに密封してあります。カメラバックもしめってしまったので、乾かさなければいけないし。雨の日の撮影は、これがあるので面倒ですね。

« ふぉとらんど更新 | トップページ | おいしいコーヒーのいれ方7「坂の途中」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/4587939

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の鎌倉:

» 本場の中国茶芸を楽しみませんか? [しのわずり]
浙江樹人大学で茶文化の教師をしている方々が、現在1年間の予定で日中文化交流のた [続きを読む]

« ふぉとらんど更新 | トップページ | おいしいコーヒーのいれ方7「坂の途中」 »