フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「CASSHERN」 | トップページ | 「女流棋士」 »

「不死鳥のタマゴ」

404853873X不死鳥のタマゴ (1)
紫堂 恭子
角川書店 2005-08-01

by G-Tools

紫堂恭子さんの新作です。

内戦が終わり、敵地であった村に保安隊員として赴任してきたクリストファーが主人公。
タイトルの通り、フェニックスの雛と自称する「ちゅんちゅん」が登場するのですが、これまでの紫堂さんの描くファンタジックな世界からすると、ややコメディ的な要素が強すぎるかな、と思いました。

最後の方に出てきた「こうもりだこ」が生き血を吸うという話が、「人間が生き物を食べるということ」の話に結びつけられているような展開を見ると、普通の世界で当たり前に行われていることを、わかりやすく説明するために、ちょっとファンタジックな味付けをしてみました、という感じで、あまり深い所に切り込んでいくような展開にはならないのかもしれません。

「不死鳥」という象徴性の大きなものをタイトルに据えていることを考えると、僕の読みは外れている可能性もあると思います。「ちゅんちゅん」がどんな役割をになっていくのか、まだ見当もつかないというのが、今のところの感想です。

« 「CASSHERN」 | トップページ | 「女流棋士」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/5491466

この記事へのトラックバック一覧です: 「不死鳥のタマゴ」:

« 「CASSHERN」 | トップページ | 「女流棋士」 »