フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月の新刊 | トップページ | 3年ぶりにPC自作 »

「すくらっぷ・ブック」復刊

すくらっぷ・ブック 1
小山田 いく著
ブッキング (2006.7)
ISBN : 483544213X
価格 : ¥2,415
[amazon.co.jpで購入]

「すくらっぷ・ブック」がブッキングで復刊されました。
連載が始まったのが1980年の4月。25年以上前になります。
僕は中学生で、毎週雑誌が出るのが楽しみで仕方ありませんでした。
今でも、「最も愛着があるマンガ」と言い切れるマンガです。

購入して真っ先に確認したのが第1話。
音楽室のお化けの目が入ってるか。
イチノが自分の家に駆け込んだ時の、足をくじく音が入っているか、でした。
なんてマニアックな、と自分でも思いますが(^^;
で、無事入っていたので一安心。

「12月の唯」「春雨みらーじゅ」「三角定規プラス1」も入ってます。

« 7月の新刊 | トップページ | 3年ぶりにPC自作 »

コメント

はじめまして、「すくらっぷブック」の感想がないか探していましてakiraさんのページ見つけまた。「ここにも仲間がいた!」と勝手に喜んでいます。私も大の小山田いくファンで、先日ようやく復刊「すくらっぷ」を購入でき、今じっくり読んでいるところです。
で、ショックな事が!「ビフロストの橋」の回で、カナちゃんがこっそり見る春ボンの北欧神話の中、ビフロストの橋のところに引いてあるはずの破線が消えてるんです!カナちゃんの台詞で「なんで春ボン、破線引いてるんだろ?」と台詞があるだけに、この印刷ミスはちょっとショック。
でもこの復刊の作りはいいですよね。プレストーリーと題して、「12月の唯」「春雨みらーじゅ」「三角定規+1」を頭に持ってくることで作品を年代順に並べ、まるで小山田いくの軌跡を辿るような構成。2巻も楽しみですね。
(長々とすみません、うれしさのあまり舞い上がっちゃいました。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/10741887

この記事へのトラックバック一覧です: 「すくらっぷ・ブック」復刊:

« 7月の新刊 | トップページ | 3年ぶりにPC自作 »