フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 明けましてのご挨拶 | トップページ | 岩国 »

広島

12月の23日~25日にかけて、広島・山口へ旅行に行ってきました。
仕事と写真方面のことで忙しかったので、記事のアップがのびのびに…(^^;

前回の八尾の時も、1週間くらい前に思い立って焦って準備をしたのですが、今回はさらにすごくて
旅行の話が出たのは出発の2日前でした。

妻「仕事の関係で広島のことが知りたいんだけど、1月の連休に行ける?」
僕「1月は仕事だから無理。行けるとしたら23日からの3日間だけ」
妻「それって、あさって?」

てな感じです。
広島ならば、本当は飛行機の方が早いし、値段も安いのですが、
出発の2日前では、往復と宿泊がセットになったフリープランを使うことができません。
てなわけで、かなり奮発して往復のぞみに乗りました。

広島では駅前のホテルに部屋を取っていたので、荷物を預けて平和記念公園へ。
祝日だったせいもあるのか、大勢の人が訪れていました。
60年以上前のできごとであるにも関わらず、現在もこれだけ多くの人を集めることができるということに重いものを感じると共に、そういう場所を身近に抱えながら生きていく人々の心の内というのは、どういうものなんだろうな、と考えさせられる部分もあります(神戸でも同じことを思ったのですが)。

夕暮れに佇む
夕暮れに佇む posted by (C)akira

まずは、原爆ドーム。
写真ではよく見知っている建物ですが、間近で見ると、思ったより「廃墟」なんだな、と思いました。
崩れたコンクリートがそのまま散らばっていたりもします。
その一方で、その前でVサインで記念撮影をするグループやファミリーが居たりするわけで、「世界遺産」として有名になることが良い面ばかりを持っているわけではなさそうだ、ということも感じました。

公園の中をあちこち見学しつつ、平和記念資料館へ。
ここは、原爆の悲惨さを伝える史料が保存・展示されている施設です。
実際の品物が残されているだけではなく、どうして広島が原爆投下の対象になったのか、原爆投下は避けることのできないことだったのか、といった戦争のあり方に対する論理的な主張を展開させている展示もあって、色々と勉強になりました。

平和記念資料館より
平和記念資料館より posted by (C)akira

鎮魂歌
鎮魂歌 posted by (C)akira

平和記念資料館を見終わったのが5時ごろで、すでに暗くなり始めていました。
そこで、広島城などは見学せず、繁華街へと足を運び、早めの夕食を取りました。
初めての場所で勝手が分からず、なかなか適当なお店が見つかりません。東京でもよく目にするチェーン店はあるのですが、旅行先でそういうお店で食事をするのも味気ないですし…。観光地であれば観光客相手のとの土地の特色を生かしたお店があるのでしょうが、広島の場合には大きな街であるだけに、そこに住んでいる人を相手に商売をしているからなんでしょうね。
結局、あれこれさまよった挙げ句、鉄板焼き系の居酒屋に入りました。お酒がからむお店なので、値段は高かったですが、味は良かったです。

後、広島で印象に残ったのは市電です。
富山・熊本・鹿児島・岡山・長崎と、市電の走る街にはかなり行っていますが、広島で思うのは、その本数の多さです。10分おきとかではなく、次から次へとやってくる感じで、さすが百万都市。首都圏では交通渋滞を理由に市電が廃止されていきましたが、逆に、交通量が多いからこそ市電の需要があるということも言えるわけで、都市交通のあり方についても、考えさせられた次第です。

広島の市電
広島の市電 posted by (C)akira

« 明けましてのご挨拶 | トップページ | 岩国 »

コメント

広島市の路面電車はそれはそれは凄まじい逆風にさらされ生き抜いてきました。
原爆投下からの復活、マスコミからの敵意の論調、都市計画からの排除、議会からの廃止論など、数え上げればキリがありません。
また、いまとなれば、それだけ愛らしくもあります。

ひろしまんさん、コメントありがとうございます。
広島の市電は、さまざまな逆境を乗り越えて生き抜いてきたんですね。
路面電車は、環境やバリアフリーの観点から見直されているといいます。
現在市電の活躍している地域が、良き規範となってくれるのを期待しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/17652440

この記事へのトラックバック一覧です: 広島:

« 明けましてのご挨拶 | トップページ | 岩国 »