フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「カレーライフ」 | トップページ | 氷室冴子さんが… »

「宙のまにまに」

4063144178宙のまにまに 1 (1)
柏原 麻実
講談社 2006-06-23

by G-Tools


講談社の販売促進イベントで平積みになっていたので目について購入しました。

僕自身、小学生の時に野尻抱影さんの「星と伝説」を読んで以来、星が好きなこともあって、天文関連のマンガって結構読んでいます。
小山田いくの「星のローカス」、日渡早紀の「星はすばる。」「無限軌道」、柊あおいの「星の瞳のシルエット」…思いつくのはそんなところでしょうか。

「宙のまにまに」は、表紙の雰囲気からして、もっとラブコメ色が強いのかなと思っていたのですが、天文部の活動を描くことに結構力が入っています。
先述のマンガでも、「星のローカス」はギリシャ神話の話題が多く、いわば個人の趣味の領域。「星の瞳のシルエット」は天文部が舞台にはなりますが、これもシリウスに対する情緒的な思い出の方が印象的で、他の星の話題というのはほとんどなかったような…

そう考えてみると、このマンガで特徴的なのは、どちらかというと個人的で情緒的なものになりやすい「星を見る」という作業を、みんなで一緒にやって楽しいもの、という描き方をしていることであることに気づかされます。
他の学校とも天体観測の交流会をやって、そこから人間関係が広がっていく描き方なんていうのは、特に新鮮でした。

« 「カレーライフ」 | トップページ | 氷室冴子さんが… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/41359593

この記事へのトラックバック一覧です: 「宙のまにまに」:

« 「カレーライフ」 | トップページ | 氷室冴子さんが… »