フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「日暮らし」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

「タイムスリッパー YUKIの跳時空 1巻」

タイムスリッパー(1)


いつも僕のブログを読んで下さっている人は、僕がタイムトラベル物に目がないことは、ご存じのことと思います。
というわけで、雑誌の表紙になった時から注目していた(でも立ち読みはしなかった)この作品が
早くもコミックスになりました。

作者の野部利雄さんは、「のぞみウィッチィズ」「Monacoの空へ」と、2作品、しかも長期連載でボクシングマンガが続いていましたが、久々にSF風のお話ですね。
僕は、その前の「わたしの沖田くん」「弥生の大空」「ミュウの伝説」は買ってたんですが、「のぞみウィッチィズ」の途中から買わなくなってしまってたので、久々のコミックス購入だったりします。

この物語でタイムトリップするのは、16歳の女子高校生。
24年後、自分の娘が自分と同じ年になっている時代にやってきます。
タイムトラベル物によく出てくる要素が、かなりてんこ盛りで、それでもあまり不自然な形ではなく散りばめられている、ある意味ぜいたくな話です。
普通、過去に戻った主人公がこれから先のことを知っている…というパターンが多いのですが、
この話では、過去に戻った主人公が、その時代で未来のことを示唆しているらしく、その影響が現代で現れてくるという、ちょっと変わったパターンを取ってはいるのですが。

おなじみの要素がてんこ盛りだからと言って、マンネリというわけではありません。
タイムスリップしてきた由希が、なぜか殺人鬼につけ狙われているというスリリングな展開も。
犯人が持っている写真が1984年のものだったりするので、ここにも大きな秘密がありそうです。
かと思うと1巻のラストでは、いきなりさらに未来にスリップしてしまい、これから先、どんな展開になるのか、
大いに楽しみな所です。

« 「日暮らし」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/43491000

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイムスリッパー YUKIの跳時空 1巻」:

« 「日暮らし」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »