フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新宿から富山へ その2 | トップページ | おわら風の盆2009 Part1 »

おわら風の盆2009 前置き

おわら風の盆を見るのは、2度目のことです。
最初は一昨年(2007年)でした。
この時のことは、
「おわら風の盆 おどりの写真」
「おわら風の盆 ぼんぼりの写真」
「おわら風の盆に思うこと」
の3本の記事にまとめてありますので、よろしければお読み下さい。

一昨年、初めて「風の盆」を見た僕は、機会があれば是非、もう一度このお祭りを訪ねたいと思いました。
それだけでなく、前回、僕たちが富山へ帰ろうとしていた時間になっても、まだ踊りの続く街、そしてその頃になって街にやってくる人たちの多さを見て、次はぜひ、夜通しおわらを見てみたいものだと思っていたのです。
今年は、うまく休みが合い、1日の夜から2日の夜にかけて、おわらを見る機会を得ることができました。
そして、さらにこの祭りに深く触れることができたではないかな、と思っています。
もちろん、何十年と通い続けている人や、地元でおわらを支え続けている人たちには敵うはずもありませんが、
僕なりに感じたおわらの様々な姿を、記事にしていけたら…と思っています。

ちなみに、今回の僕の旅行日程は以下のようなものでした。
1日に朝に新宿を出発→大糸線経由で富山着が午後5時ごろ到着→富山のホテルでひと休み
→午後9時ごろ八尾入り→徹夜でおわら見物→始発で富山に帰り昼ごろまで睡眠
→午後3時ごろ八尾入り→夜9時ごろまでおわら見物→富山に帰り睡眠
→翌朝富山を発ち飛騨高山へ→午後2時30分発のバスで新宿へ


大糸線と高山を欲張ってみたのですが、後から考えると「おわら」一本に絞っても良かった気がします。

« 新宿から富山へ その2 | トップページ | おわら風の盆2009 Part1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/46321790

この記事へのトラックバック一覧です: おわら風の盆2009 前置き:

« 新宿から富山へ その2 | トップページ | おわら風の盆2009 Part1 »