フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おわら風の盆2009 Part1 | トップページ | おわら風の盆2009 Part3 »

おわら風の盆2009 Part2

諏訪町の町流しを見た後は、上新町の大輪踊りへ。
一昨年は、諏訪町の混雑を避けてこちらの通りへ逃れてきたら、こちらの通りも混雑していて
駅に向かうのに難儀した記憶があります。

今年は、時間があるので、じっくりと踊りの輪を眺めます。

おわら風の盆2009 06

大輪踊りは、誰でも参加可ということになっており、実際、服装を見ていると、
浴衣あり、洋服ありで、ホントにまちまちなのですが、
踊りの所作を見ていると、通りすがりの観光客が見よう見まねで踊っているという様子は
全くありません。
もう町流しに参加していない年輩の方とか、風の盆の時だけ帰省している方とか、
そういう方が多いのではないかな、と思いながら見ていました。

考えてみれば、これだけ多くの人が、これだけ華麗におわらを踊ることができるというのは、
本当に驚くべきことで、おわらがこの地域に浸透しているのだなぁということを実感しました。

しばらく踊りを眺めた後、曳舟会館の前で、富山駅のコンビニで買ってきたおにぎりで腹ごしらえをします。
これまで撮影した画像をチェックしながら足休めをして、夜中の1時近くなって、街の散策を開始。

諏訪町の通りは、この時間になっても、かなり人通りがあります。

おわら風の盆2009 07

諏訪町から西町へと入っていくと、西町の会所の前では、若い女性たちが踊りの練習をしていました。

おわら風の盆2009 08

町流しの踊り方と違って、しゃがんでポーズを取ったりしていた所を見ると、舞台での踊りの練習でしょうか。
こういう場面でも、周りには数人の見物客がおり、踊りの様子を見守っています。
同じように、練習で踊っている場面は、鏡町の会所前でも見られました。
こちらは、暗かったせいでうまくMFでピントが合わせられず、ロクな写真が撮れなかったのが残念です。
鏡町では、メインで稽古をしている女性の周りで、さらに若い女性たちが、練習の様子を眺めながら、
自分たちの手の動きをおさらいしている姿を見かけました。

本番ではない練習の踊りの様子に立ち会い、今まで見えなかったおわらの姿を垣間見たような気がして、
嬉しかったです。

« おわら風の盆2009 Part1 | トップページ | おわら風の盆2009 Part3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/46332207

この記事へのトラックバック一覧です: おわら風の盆2009 Part2:

« おわら風の盆2009 Part1 | トップページ | おわら風の盆2009 Part3 »