フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おわら風の盆2009 Part4 | トップページ | おわら風の盆2009 Part6 »

おわら風の盆2009 Part5

東新町から西新町の通りへ抜けると、上新町と諏訪町のグループが休憩中でした。
Part4で僕が書いた男の子の台詞は、この時に聞いたものです。
しばらく待っていると、上新町のグループが輪踊りを始めました。
どうも、日のあるウチの踊りは、子供たちを交えた輪踊りが主役のようです。

おわら風の盆2009 18

おわら風の盆2009 17

あちこち場所を変えながら、輪踊りを踊っていきます。
上新町の輪踊りを2回ほど見た所で、今度は諏訪町の輪踊りが始まりました。
昼間は、夜ほど多くの見物客がいないし、輪踊りは町流しとちがってしばらくは同じ場所で踊りますので、
踊りをじっくり見たい人には、お薦めです。
写真を撮る立場で言うと、やはり明るい場所の方が撮りやすくはあります。
女性の浴衣のあでやかさ、なんていうのは、やはり色がきちんと出る昼間の方がよい感じです。

そして、坂を下っていくと、鏡町の石段下の広場で、輪踊りが始まりそうな雰囲気です。
石段の上はすでに人がたくさん集まっているので、階段横の坂道を通って、反対側に回り込みます。

おわら風の盆2009 19

鏡町の女性の浴衣は、白地なんですね。
一昨年は、町の名前も、ましてや衣装や紋のちがいなども、全く知らずに見た「風の盆」でしたが、
今年は、一日じっくり見たおかげで、いろんなことがわかるようになった気がします。

鏡町の輪踊りが終わった後、町の方が、夜の町流しのことをお話されていました。
演舞場での踊りが終わった後、休憩してから踊るので、午後10時過ぎになること。
場所取りは、絶対にしないで欲しいということ。物を置いてある場合には撤去するということ。カメラのストロボは使用禁止だということ。注意しても聞かない場合には、強制的に退去させる場合もあるということ。
これらのきまりは、安全を確保して、風の盆をみんなが楽しめるようにするためのものなので、ぜひ協力して欲しいということ。
昼間の、まだ時間に余裕のある時期だからかもしれませんが、ご自分の気持ちをしっかり伝えようという熱意のあるお話でした。
ただ、こういったお話を熱心にしなければいけないような状況が、現在の「風の盆」にあることは、事実なのでしょうね。実際、踊りの終わった後、僕が登っていった石段の上には、場所取りのためのレジャーシートがびっしりと貼られていたのですから…

« おわら風の盆2009 Part4 | トップページ | おわら風の盆2009 Part6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/46341599

この記事へのトラックバック一覧です: おわら風の盆2009 Part5:

« おわら風の盆2009 Part4 | トップページ | おわら風の盆2009 Part6 »