フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 映画「ジェリー・フィッシュ」 | トップページ | akiraの100冊 »

映画「東京シャッターガール」

映画「東京シャッターガール」を初日舞台挨拶の回で鑑賞しました。
昨年、町田で開催された写真展「東京シャッターガール」に参加したのをきっかけに、様々な形で関わりあった作品で、今回も「登場人物が作品内で撮影した写真」という形で写真を提供させていただいております。
自分の名前がエンドロールに流れるという経験を、生まれて初めてしたばかりで、もう客観的には語れないものになってしまっているわけですが、そこを敢えて、努力して感想をまとめてみたいと思います。いつものことですが、作品の内容に触れるネタバレがありますので、未見の方はご注意下さい。

映画は、三編の短編映画からなるオムニバス形式です。
一本目、手塚眞監督「わたしは、シャッターガール」。主演は夏目あおいさん。
二本目、コバヤシモトユキ監督「写真って何?」。主演は田中美麗さん。
三本目、寺内康太郎監督「夢路!お前無茶すんなぁ!」。主演は藤井武美さん。

まずは、手塚眞監督の作品から。
僕が、最初「東京シャッターガール」でショートフィルムを作りたいという話を聞いたのは、今年の一月に池袋「あうるすぽっと」で開催された写真展の巡回展でのことです。
その時にイメージしたのは、漫画の舞台になった東京のあちこちを歩ちゃんが巡っていくイメージフィルムのようなものでした。
この作品の冒頭は、まさしくそんな雰囲気で始まります。
しかし、それはやがて「風」「ぬくもり」などテーマを感じさせる映像に変わってゆきます。写真がテーマの映画なのですが、この辺りの表現は写真的ではなく動画的。
それが歩ちゃんの「命を止めてしまう気がしてシャッターを押せない」という悩みにつながっていくのです。
そして、その悩みを解決するのも、動きがないようでいて、実はその中で色々な命が息づいている夜の街の景色であるわけで、その表現も動画的です。
動画をもってスチル写真を否定し、動画をもって肯定しているわけで、この辺りの表現は、やや分かりにくいかな、と感じました。僕もきちんと理解してる自信がないくらいです。
否定の方は完全に連続している動画で、どこを切り取ってもうまい瞬間を掴めないような映像でしたし、肯定の方はコマ送りの形で、静止の連続で表現しているわけで、その辺りが印象の違いを生み出しているのだと思いますが……。
この辺り「静止」が「動き」を殺してしまう映像とか、「一瞬」が「永遠」を象徴する場面とか、もう少しじっくり描いて欲しかったな…と思うところがありました。

次に、コバヤシモトユキ監督の作品。
「写真って何?」という非常に答の出しにくいテーマを扱っています。監督ご自身も写真家でいらっしゃるので、答の出ないテーマなのだということは重々ご承知の上で作られているのですが、僕の目から見ると、少々盛り込みすぎだな…と感じました。エンドロールの作り方を見ると、色々あって答が出ないというごちゃごちゃ感を、むしろ演出したかったのだとは思うのですが。
テーマ重視でストーリー展開は乏しいのかな…と思っていたら、ラスト近くであっと言わせるどんでん返しがありまして、そのストーリーに乗せる形でテーマを絞って方向性を示す方が、個人的には好みなのです。
屋上で歩ちゃんが、空に向かって必死でシャッター切りまくるシーンとか、すごい好きですし。
さらに、この作品の凄い所は、写真家のハービー山口さんが出演され、様々な写真家とか写真集について語って下さる所です。さきほど「答の出ないテーマなのだということは重々ご承知の上で作られている」と書いたのですが、それはハービーさんがラスト近くで歩ちゃんに向ける視線(いかにも若者を見守ってる風の)で語られていると思うのです。あのシーンもすごく好きで、あれがラストで良かったんじゃないかと思うくらいです。
そのハービーさんのお話にしても、「問いかけ」「絵作り」「ヒント」みたいな感じだったので、ストーリーに合わせて順番を変えても…とか思う部分がありました。
あと、この作品には小森さんという映画のオリジナルキャラがいるのですが、彼の使っているカメラのストラップが、僕が高校~大学時代に使っていたストラップの色違いだし、カバンも僕が大学時代に通学に使っていたもので、すごく懐かしい思いをしながら画面を見ておりました。

最後に、寺内康太郎監督の作品。
漫画の「城南島海浜公園」と「神田」の回のエピソードをうまく取り入れた構成で、タイトルとなった台詞も原作にあるのですが、こちらはかなりシチュエーションを変えてあります。
歩ちゃんの写真に夢中になると周りが見えなくなる、ある意味「危ない」性格を、かなりデフォルメして描いた作品ですが、実際に写真を撮ってる側の心理から言うと、なんか心当たりのあるような感じなのですよね。「あるある」と思いながらクスリとさせられることの多かった一作です。

最初の二作品がかなり重いテーマの話だったので、最後で明るくまとめた構成はなかなかですが、写真を撮ってない人から見て、最初の二話にどのくらい興味が持てたのか、気になる所ではあります。

映画「東京シャッターガール」のサイトはこちら
写真展「TOKYO SHUTTER GIRL:2」のサイトはこちら

« 映画「ジェリー・フィッシュ」 | トップページ | akiraの100冊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/58373956

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「東京シャッターガール」:

« 映画「ジェリー・フィッシュ」 | トップページ | akiraの100冊 »