フォト

Google AdSense

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 映画「東京シャッターガール」 | トップページ | 2013年を振り返って »

akiraの100冊

ツイッターのタグで見かけて、面白そうなので、作ってみました。
幼少期に読んだ本から最近読んだ本まで、幅広くまとめてあります。
この企画の元になったと思われる「米澤穂信を作った100冊」(野性時代56号)を見ると、漫画や近代文学も入っているのですが、漫画を入れると100冊では入らないことや、近代文学は版元によって収録されている短編が違ったりするなどの理由で、今回は除いてあります。
漫画版の100冊は、また別の機会に考えてみようかと…。
あと、このリストは時と場合によって変化しますので、おそらく適宜改訂されます。
というわけで、2013年11月版。


ココロ・ファインダ  相沢沙呼
午前零時のサンドリヨン  相沢沙呼
蒼穹の昴  浅田次郎
鉄道員  浅田次郎
サクラの音がきこえる  浅葉なつ
ひとめあなたに…  新井素子
あたしの中の…  新井素子
海の底  有川浩
〈図書館戦争〉シリーズ  有川浩
レインツリーの国  有川浩
魔法使いのハーブティー  有間カオル
あのひとは蜘蛛を潰せない  彩瀬まる
いま、会いにゆきます  市川拓司
恋愛寫眞 もうひとつの物語  市川拓司
狐笛のかなた  上橋菜穂子
聖の青春  大崎善生
クラインの壺  岡嶋二人
博士の愛した数式  小川洋子
東京物語  奥田英朗
夜のピクニック  恩田陸
三月は深き紅の淵を  恩田陸
木曜組曲  恩田陸
天命の標  小川一水
さがしもの  角田光代
魔女の宅急便  角野栄子
ななつのこ  加納朋子
翼はいつまでも  川上健一
復活の日  小松左京
巷説百物語  京極夏彦
〈京極堂〉シリーズ  京極夏彦
邪馬台国はどこですか?  鯨統一郎
一九三四年冬―乱歩  久世光彦
ヘッドフォン・ララバイ  窪田燎
ふがいない僕は空を見た  窪美澄
〈グイン・サーガ〉シリーズ  栗本薫
〈魔界水滸伝〉シリーズ  栗本薫
優しい密室  栗本薫
仮面舞踏会  栗本薫
心中天浦島  栗本薫
赤朽葉家の伝説  桜庭一樹
青年のための読書クラブ  桜庭一樹
一瞬の風になれ  佐藤多佳子
グローイング・ダウン  清水義範
開国ニッポン  清水義範
日本文学全集  清水義範
赤頭巾ちゃん気をつけて  庄司薫
サマー/タイム/トラベラー  新城カズマ
小さな町の風景  杉みき子
風の盆恋歌  髙橋治
タイム・リープ  高畑京一郎
自転車少年記  竹内真
ハゲデブ殺人事件  つかこうへい
スワロウテイル人工少女販売処  籘真千歳
檸檬のころ  豊島ミホ
夜の朝顔  豊島ミホ
同級生  富島健夫
慟哭  貫井徳郎
プリズム  貫井徳郎
南極点のピアピア動画  野尻抱介
〈文学少女〉シリーズ  野村美月
〈ヒカルが地球にいたころ……〉シリーズ  野村美月
いつかのきみへ  橋本紡
ぼくと、ぼくらの夏  樋口有介
ジェリー・フィッシュ  雛倉さりえ
なぎさボーイ  氷室冴子
多恵子ガール  氷室冴子
なんて素敵にジャパネスク  氷室冴子
クララ白書  氷室冴子
アグネス白書  氷室冴子
悪魔のいる天国  星新一
現実入門  穂村弘
龍の子太郎  松谷みよ子
風が強く吹いている  三浦しをん
ビブリア古書堂の事件手帳  三上延
スコーレNo.4  宮下奈都
火車  宮部みゆき
蒲生邸事件  宮部みゆき
時刻表2万キロ  宮脇俊三
ノルウェイの森  村上春樹
ダンス・ダンス・ダンス  村上春樹
国境の南、太陽の西  村上春樹
天使の梯子  村山由佳
海を抱く  村山由佳
夜は短し歩けよ乙女  森見登美彦
有頂天家族  森見登美彦
私にふさわしいホテル  柚木麻子
ポプラの秋  湯本香樹美
陰陽師  夢枕獏
〈小市民〉シリーズ  米澤穂信
〈古典部〉シリーズ  米澤穂信
犬はどこだ  米澤穂信
白球を叩け!  若桜木 虔
あのころの、  アンソロジー
運命の人はどこですか?  アンソロジー
放課後探偵団  アンソロジー
アルジャーノンに花束を  ダニエル・キース
宇宙戦争  H・G・ウエルズ
夏への扉  ロバート・A・ハインライン
十五少年漂流記  ヴェルヌ
海底二万マイル  ヴェルヌ

« 映画「東京シャッターガール」 | トップページ | 2013年を振り返って »

コメント

お久しぶりです、涼です。
面白そうですね。真似しようかな。
シリーズは、一冊と数えるのですね。

こんにちは。お久しぶりです。
100冊企画は、ずいぶん前にやったらしいのですが、
今回、新規に公開したフォロワーさんがいて、知ったのです。
特に決まったタグがあるわけでも、ルールがあるわけでもないらしいです。
今のところ、皆さんが発表したのをまとめたものはないそうなので、
何かの形でまとめられないかなぁとは画策してみるつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38050/58632290

この記事へのトラックバック一覧です: akiraの100冊:

« 映画「東京シャッターガール」 | トップページ | 2013年を振り返って »